断食の効果は本人自身が実感できる

公開日: : 健康情報関連

血のなかの不要なもの、有害なものは、水に溶けるものであればお小水として、気化するものであれば吐く息として肺から出てくる。だから、西洋医学では、肺と腎臓が正常であれば血は汚れないと考える。私たちが普通に暮らしていると、体内の老廃物は尿として身体の外に出て行きます。また、酒を飲みすぎると、翌日は吐く息が臭くなります。これは、胃腸に入ったアルコールがやがて血液に溶け込んで、そのなかの揮発成分が肺まで運ばれていき、息に混じって出てくるからです。

ところが、断食していると、あることに気づきます。よく目くそ鼻くそ糞小便と言いますが、糞以外のものは全部、血液が変化したものなのです。汗も血液中の不純物が皮膚から出るものです。涙も涙腺に供給されている血液からつくられる水分なのです。耳拓もまた然り。朝食のことを英語でbreakfastと言いますが、このfastとは断食するという意味です。語源をたどってみますと、“tastenseatbet”(シートベルトをしっかりと締めてください)からもわかるように、fastには強くする堅固にするという意味があります。

体中の排池臓器がフル回転しはじめる

breakはやめる、やぶるという意味ですから、breakfastとは断食をやめるという意味になります。身体の変化では、お小水の色が濃くなります。アトピーの人は吹き出ものがどんどん出できます。吐く息が臭くなります。自分の吐く息の臭いが嫌で嫌でたまらなくなります。それから、舌に苦が生えます。自脂も出できます。これらの変化は、体中の排池臓器がフル回転しはじめるために起こるのです。

生活サイクルのなかで、もっとも長い時間、水や食べ物を口にしないのは、夕食の後から翌日の朝食までの時間帯です。夕食の後は普通、寝てしまいますので何かを食べることはありません。夜の間は、誰でも断食=fast、短い断食をしていることになります。ですから、朝起きたばかりのときの息は臭いし、目脂も出ています。つまり、断食をしたときと同じ現象が少なからず起こっているわけです。

スポンサーリンク

関連記事

no image

高果糖コーンシロップなど食べると体によくないといわれる食品

専門家が指摘する、食べると体によくないといわれる食品を紹介しよう。 ・高果糖コーンシロップを食

記事を読む

no image

細菌に感染したら抗生物質に頼るのが普通だが

・感染とたたかってくれるエキネシア ウイルスが犯人であった場合には、効果のある抗ウイルス物質が

記事を読む

no image

白湯毒だし健康法-たまってしまった未消化物を溶かし流す

お白湯は体の毒素を浄化するこのお白湯には、わたしたちの消化力を強化し、同時にすでにたまってしまった未

記事を読む

no image

生きることとは息をすること

ある先生は、脳、筋肉、臓器などを構成する六〇兆個の細胞群は、酸素の力で蘇ることを強調し、「生きる」こ

記事を読む

no image

エジソンは発明中に食事を摂ることがほとんどなかった

断食をしますと胃腸に血液が供給されないために、脳血流量が増え、頭の回転がすごくよくなると言われていま

記事を読む

no image

精神崩壊の症状の治療に成功しているあるエキス

記憶の障害を経験したすべての人は、記憶の喪失とおそらくは逆転不可能な痴呆への漸進的な精神の下落をくい

記事を読む

no image

体の定期点検を受けるのに適した方法

定期点検は問題の発生を事前に食い止める。体も同じように扱おう。もしも大切にしている車があれば、みなさ

記事を読む

no image

ビタミンEの効果を調べた実験、試験で出た驚くべき事実

ミシシッピー大学動脈硬化研究所のアンソニー・J・へルランジェリ博士が行った画期的な六年間の研究プロジ

記事を読む

no image

イチョウ葉エキスは脳梗塞の治療薬としてドイツで認可されている

・脳を健康に守ってくれるいちょうの葉エキス ドイツとフランスでは、いちょうの葉エキスは、普通の

記事を読む

no image

心律動異常を防ぐことが確かめられたオメガ3脂肪酸の効果

イギリスとフランスでは、心臓発作後の致命的な不整脈を抑える治療効果がオメガ3脂肪酸にあるかどうかを間

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
砂糖断ちで好転反応!短い期間で高い効果!やり方も簡単で肌きれい

砂糖断ちで好転反応があるのをご存知でしょうか。 ほっぺたにニキビ

no image
砂糖断ちで美肌貯金はできるのか

砂糖断ちで美肌貯金はできるのでしょうか。 糖分というのは、小麦製

no image
日常生活改善のポイント

ヴァータをととのえる日常生活の改善ポイントは、起床、就寝、排泄、食事。

no image
アーユルヴェーダのカパとピッタを整える方法

アーユルヴェーダでは、カパが乱れると、重く暗い気分になり、思考や行動が

no image
ヴァータの乱れの症状は様々

ヴァータの乱れが一番多い人の影響は色々あります。現在は過剰なヴァータの

→もっと見る

PAGE TOP ↑