毒素を排出する出口は鼻・口・尿道・腸・皮膚など

公開日: : 健康情報関連

毒素は、体内から排出するよりも取り入れたり発生させたりするスピードが速いと、どんどん蓄積してゆく。毒素を排出する機能がきちんと働いてさえいれば、何の問題もない。健康を保つためには、体内で発生した毒素も、外から入れた毒素も排池しなくてはいけない。毒素の出口は鼻・口・尿道・腸・皮膚だ。

皮膚は汗によって毒素を出す。腸からは肝臓、胃、小腸を通った毒素が出る。尿道からは腎臓と肝臓を通った毒素が出る。鼻と口は主に肺を使って毒素を外に出す。

今日これほどまでに病気が夢延している理由は、何よりもまず体内毒素にある。毒素を除去しない限り、何度でも病気になるだろうし、今、患っている病気とは永遠に縁が切れないだろう。自然療法によって体を治そうとする際にどうしても理解しなければならない基本コンセプトだ。このコンセプトを理解すれば、なぜ自然療法が効くのか理解できるようになる。

体内に過剰な毒素や老廃物をため込んでいる

現代人のほとんどが、体内に過剰な毒素や老廃物をため込んでいる。その理由は、普段から大量の毒素を体内に取り込んでいるため、排池経路が詰まっていたり、排出機能の働きが悪くなったりしているからだ。

抗生物質抗生物質を飲むと、大腸経由の排出能力は著しく低下する。カンジダ菌そのものも大量の毒素を発生するが、カンジダ菌が増えると消化が鈍り、ガスの発生や便秘の原因となる。抗生物質は、小腸・大腸内の善玉菌をことごとく殺してしまう。そのため悪玉の酵母菌、とくにカンジダ菌が異常発生し、消化器官にはびこる。

自然の意図に沿って体を動かしていれば、排池は良くなる。一日中座りっばなしでいると、排池サイクルは不活発になる。一日中座りっばなしはよくないのだ。口ーションとクリームローションやクリームをつけすぎて、毛穴を詰まらせ、皮膚を通しての自然な排池を妨げている人は多い。日焼け止め、化粧品、デオドラント、制汗剤も同様だ。

全身脱毛で楽天リサーチにおいて、満足度1位をたたき出した1回300円の脱毛サロンはこちら

スポンサーリンク


続いて読んでおきたい

酸素水ウォーターサーバーなど健康に良いものを紹介

関連記事

no image

過敏性腸症候群の悩みにペパーミント・オイルが勧められている

過敏腸症候群ペパーミント・オイル 過敏腸症候群の特徴は、一時的に止まるけれどもくり返し起きる下

記事を読む

no image

塩素プールの害など健康を脅かす様々な要因

・ホット・タプ(温水浴槽)、スチーム・ルーム(蒸し風呂)、プールに入らない 飲めないような水で

記事を読む

no image

自己暗示によって便秘を解消したある女性の話

・自己暗示をし始めて、長年の便秘が解消した女性 この人は、もう何年も便秘で、お通じがよくなる薬

記事を読む

no image

血管拡張薬としてビタミンCを使った画期的な研究の結果

血管形成手術は詰まってきている血管を閉塞させないために行われる処置で、自己血管片あるいは人工血管など

記事を読む

no image

炎症はウイルスや細菌などの病原菌が原因で起こる

漢方の考え方では、皮膚病は皮膚の病気ではありません。身体の汚れすなわち血の汚れが身体の表面に出たもの

記事を読む

no image

体を癒す方法は夜十時ごろ就寝して朝六時ごろ起床すること

・力強い言葉を話す あなたの夢を実現させる道具として、ポジティブな姿勢で言葉を使おう。話すとき

記事を読む

no image

ヘルスケア産業・市場の闇の部分

・ヘルスケア産業に寄生する金の亡者たち ヘルスケア産業には、知られたくない秘密がある。こんな話

記事を読む

no image

身体のなかでたんぱく質は簡単につくれる

ゾウやサイのような何トンも体重がある動物も食べているのが草だけですから、どう考えてもたんぱく質を合成

記事を読む

no image

油抜きダイエットの危険性

油抜きダイエットは危険が伴います。油そのものはオージャスになりやすいので、油を避けていると、オージャ

記事を読む

no image

健康的なダイエット方法を複数紹介

・赤外線サウナを利用する 毎日のように利用するのが理想的だ。赤外線サウナは新陳代謝を促し、毒素

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
砂糖断ちで好転反応!短い期間で高い効果!やり方も簡単で肌きれい

砂糖断ちで好転反応があるのをご存知でしょうか。 ほっぺたにニキビ

no image
砂糖断ちで美肌貯金はできるのか

砂糖断ちで美肌貯金はできるのでしょうか。 糖分というのは、小麦製

no image
日常生活改善のポイント

ヴァータをととのえる日常生活の改善ポイントは、起床、就寝、排泄、食事。

no image
アーユルヴェーダのカパとピッタを整える方法

アーユルヴェーダでは、カパが乱れると、重く暗い気分になり、思考や行動が

no image
ヴァータの乱れの症状は様々

ヴァータの乱れが一番多い人の影響は色々あります。現在は過剰なヴァータの

→もっと見る

PAGE TOP ↑