EPA・DHAの相互作用について

公開日: : 健康情報関連

EPAから作り出される3シリーズのプロスタグランジンは血小板の凝集を抑えるから、大量に摂取していると出血した場合に、なかなか血が止まらないという事態が生じる。しかし、ハーバード大学のドクター・リーフは、一般に考えられているほどそれは深刻ではないという。

抗凝固薬の処方を受けている人や、重い病気や障害で医者にかかっている人が、EPA・DHAカプセルを大量に摂ろうと思われた場合は、まず医師に相談して問題か確かめてからにすべきだ。オメガ3脂肪酸はきわめて酸化しやすい脂肪酸なので、その大量の摂取は体内のビタミンEを減少させる。

被験者にアスピリンと一緒にEPA・DHAを一日に一〇グラム投与して出血時間がどのくらい延びるかを確かめた研究が複数行われているが、顕著には延びなかったのだ。しかし、医師から投薬を受けている人は、その薬品とEPA・DHAの相互作用について意見を聞いてみられることを薦める。

心臓と血管にとって十分なオメガ3脂肪酸が摂れる

大多数の健康な人にとって心臓発作を防ぐオメガ3脂肪酸の正確な摂取量はわかっていないが、心臓と血管にとって十分なオメガ3脂肪酸が摂れることを多くの研究結果が示している。しかし、魚が嫌いな人、嫌いでなくても多く食べられない人、心臓発作を経験した人、心臓病のリスクの高い人、治療目的でオメガ3脂肪酸を摂取したい人はEPA・DHAカプセルを摂るとよい。

オメガ3脂肪酸の酸化を防ぐために抗酸化物質のビタミンEが消費される。だから、オメガ3脂肪酸を多量に摂る場合は、それに応じてビタミンEも摂らなくてはならないそうしていないと免疫機能の低下を招くような事態が起こりうる。そのリスクをなくすためにはビタミンEを摂る必要があると、タフト大学の研究者たちはいっている。

一カプセルに何ミリグラムのEPA・DHAが入っているかは製品によって異なるので、ラべルをチェックしていただきたい。研究者たちは、EPA・DHAを一日当たり三〇〇〜六〇〇ミリグラム摂っていれば、大多数の人は心筋梗塞のような事故を防ぐことができ、十分な恩恵が受けられると考えている。

スポンサーリンク

関連記事

no image

不安や緊張を和らげる薬として効果が高いカバ・カバとは?

・カバ・カバとは何か? カバ・カバは、強い副作用のあるジアゼパム、アルプラゾラム、トリアゾラム

記事を読む

no image

脳の記憶の引き出しの仕組みはどうなっているのか

大きな図書館には索引簿や索引箱がありますが、それを使って探す方が、実際の書庫を探すより効率的です。後

記事を読む

no image

血管機能の異常を正す薬はないのだろうか?

血管機能の異常は、血管の収敏の原因になり、狭心症や胸部の痛みを招くと、ドクター・フレイはいう。では、

記事を読む

no image

いい人は運を遠ざける理由

人として大切なのは、努力して「いい人」になることではありません。自分を幸福にすることが大事です。それ

記事を読む

no image

優しくしたいのにできないのは何故?

人に優しくしたいのに、なぜだろうと思っているなら、原因はアタマの机の上に余裕がない場合が多いです。人

記事を読む

no image

ギーなどでオージャスの減少を防ぐ

オージャスが減少すると、何をしても楽しさが感じられない、どんなに素晴らしいことが起きても幸せを感じら

記事を読む

no image

肝臓が損傷している症状などがある場合に試してみたいあるハーブ

もしもあなたに、肝臓が損傷しているかもしれないという懸念があれば、大気が汚染している環境に住んでいる

記事を読む

no image

若者の早すぎる性行為は成長過程で問題を起こす

よく「若いうちから性行為をすると、あたまが悪くなる」といわれます。何の根拠もない主張のように思われて

記事を読む

no image

脳を守るためにある葉エキスを摂る

徴候がなくても、中年以降、脳を守るためにいちょうの葉エキスを摂るというのはどうだろうか?どこかでなに

記事を読む

no image

実践より理論を重視してその理論的な枠から飛び出せない

実践より理論を重視して、その理論的な枠から飛び出せない。いかにもドイツ人の気質を象徴しています。その

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
砂糖断ちで好転反応!短い期間で高い効果!やり方も簡単で肌きれい

砂糖断ちで好転反応があるのをご存知でしょうか。 ほっぺたにニキビ

no image
砂糖断ちで美肌貯金はできるのか

砂糖断ちで美肌貯金はできるのでしょうか。 糖分というのは、小麦製

no image
日常生活改善のポイント

ヴァータをととのえる日常生活の改善ポイントは、起床、就寝、排泄、食事。

no image
アーユルヴェーダのカパとピッタを整える方法

アーユルヴェーダでは、カパが乱れると、重く暗い気分になり、思考や行動が

no image
ヴァータの乱れの症状は様々

ヴァータの乱れが一番多い人の影響は色々あります。現在は過剰なヴァータの

→もっと見る

PAGE TOP ↑