肝硬変治療に効果のあるハーブの研究

公開日: : 健康情報関連

肝硬変は毎年三万人のアメリカ人の命を奪っている治療の困難な病気である。一九八七年に肝硬変患者一七〇名を対象にしてドイツで発表された大規模な研究は、おおあざみを摂っている人の存命率が高いことを報告しているが、アメリカの研究者たちも、その報告どおりおおあざみを摂っている肝硬変患者は長く生きることに気づいている。

おおあざみは肝硬変にも効くのか?高齢の慢性B型肝炎患者とC型肝炎患者八名を対象にした小さな試験では、シリピードは血中GOT、GPT値を一五パーセント下げて、肝臓機能を改善している。アルコールによる慢性肝炎と慢性ウイルス肝炎の患者六〇名を対象に、フィレンツェの臨床医学研究所の研究者が行ったその研究では、シリピードは血中GOT、GPT値を著しく下げて、肝臓の機能を大きく改善している。

イタリアの研究者たちが使ったのは、シリビニンの吸収をとくによくするためにシリビニンにホスファチジルコリン(純粋レシチン)を結合させた製品で、シリピード(sipide)あるいはldB1016として知られている。

おおあざみの有効成分はシリマリン

おおあざみの有効成分はシリマリン(silymarin)というフラボノイド複合体だが、それはシリビニン(sibinin)、シリジアニン(sidianin)、シリクリスチン(sicristin)の三つのパーツで構成されている。その三つのなかで最も強い活性をもっているのはシリビニンで、おおあざみによる恩恵の大部分は、このパーツがもたらしてくれるものと考えられている。

腹水(腹膜腔内に薬液が貯留すること)、食道からの出血、直腸からの出血といった明自な症状が出ている進行した肝硬変は、おおあざみも逆転させることはできないようである。しかしながら、二重盲検法によるすばらしい設計の複数の研究が、おおあざみの長期間の摂取が肝硬変の進行を遅らせることを証明しているということらしい。

全身脱毛で楽天リサーチにおいて、満足度1位をたたき出した1回300円の脱毛サロンはこちら

スポンサーリンク


続いて読んでおきたい

酸素水ウォーターサーバーなど健康に良いものを紹介

関連記事

no image

花粉の症状の対策に錠剤を使った治療が功を奏した例

アレルギーのほうの勢力が強くなる一方で、症状がますます悪化してきたため、医師は抗ヒスタミン薬の処方量

記事を読む

no image

変形性膝関節症の脅威の治療薬

・変形性関節症の驚異のクスリグルコサミン 関節の変性、つまり関節の退行変化の根底にある原因とた

記事を読む

no image

瞑想の段階は大きくわけて第一段階と第二段階

瞑想の段階は、大きくわけて、第一段階と第二段階があります。また、その先の悟りの部分を第三段階と言うこ

記事を読む

no image

断食の効果は本人自身が実感できる

血のなかの不要なもの、有害なものは、水に溶けるものであればお小水として、気化するものであれば吐く息と

記事を読む

no image

栄養素の不足のチェックの誤り

本来、体は何でも知っています。そのとき体にどんな栄養素が不足しているのか、どのくらいの食べものをとれ

記事を読む

no image

呼吸法は健康法として非常に重要

言うまでもなく、呼吸法は非常に重要です。とくに、吐くときに細い管をくわえると、吐き出すまでにすごく時

記事を読む

no image

白血病は幼若細胞が骨髄のなかで増えて末趙血管にまで出てくる病気

白血球は、まず、骨髄のなかで、骨鶴非球として生まれ、それから前骨髄球、骨髄球、後骨髄球、桿状球、分葉

記事を読む

no image

イチョウ葉エキスは脳梗塞の治療薬としてドイツで認可されている

・脳を健康に守ってくれるいちょうの葉エキス ドイツとフランスでは、いちょうの葉エキスは、普通の

記事を読む

no image

血管の詰まり改善にグレープフルーツの食物繊維が効果を出した例

動脈硬化は幼少時からスタートして、あなたの動脈の健康がすっかり損なわれるまで容赦なく進行する。堅くな

記事を読む

no image

ねばねばはメタボをまねくカパ食品

納豆、山革、オクラ、モロヘイヤ、里子などのネバネバ系。新米、おもちなどのモッチリ系。トロ、ウニ、脂の

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
砂糖断ちで好転反応!短い期間で高い効果!やり方も簡単で肌きれい

砂糖断ちで好転反応があるのをご存知でしょうか。 ほっぺたにニキビ

no image
砂糖断ちで美肌貯金はできるのか

砂糖断ちで美肌貯金はできるのでしょうか。 糖分というのは、小麦製

no image
日常生活改善のポイント

ヴァータをととのえる日常生活の改善ポイントは、起床、就寝、排泄、食事。

no image
アーユルヴェーダのカパとピッタを整える方法

アーユルヴェーダでは、カパが乱れると、重く暗い気分になり、思考や行動が

no image
ヴァータの乱れの症状は様々

ヴァータの乱れが一番多い人の影響は色々あります。現在は過剰なヴァータの

→もっと見る

PAGE TOP ↑