食事のときに冷たいものを飲めば消化に不調が起きる

公開日: : 最終更新日:2016/05/02 健康情報関連

ピッタの強い人は、からだの熱を冷ましたいという欲求があるので、冷たいものが飲みたいと感じることもあるでしょう。でも、食事のときには、できるだけひかえてください。冷たいものは、あまり体によくありません。

本来は、食事のあとに冷たいものを飲めば、消化に不調が起きますから、違和感や不快感が生じて飲みたくなくなるものです。でもなかには、「食事中や食後に、冷たいものがどうしても飲みたくなる」「習慣にしている」という人がいるかもしれません。それは、「理知の誤り」が起きていて、からだへの悪影響を感じとれなくなっているのです。

食事を終えて、「さあ、これから消化しよう」という大事なときに、アイスティーを飲んで胃を冷やしてはいけません。消化の働きを弱めて、消化不良を起こし、できたアーマが皮膚炎をまねいてしまいます。

ヴァータ体質で乾燥肌の人は温めた牛乳、赤ら顔のピッタ体質の人は冷たい水や牛乳、脂性肌のカバの人は熱めのお湯で洗顔すると肌の美しさが磨かれます。温かい牛乳は、肌のケアにも適しています。入浴剤のようにバスタブのお湯に入れると、全身シットリ、スベスベ。牛乳洗顔もおススメです。

よくないのはアイスティーだけではない

よくないのはアイスティーだけではありません。アイスコーヒー、冷たい水やお茶、ジュースなど、原則として冷たいものは食事中や食事の前後には飲みません。

食事のときには、たとえ欲求があっても冷たいものは飲まないよう意識して、多少ぬるくてもかまいませんからお白湯を飲んでください。また食後にお白湯を飲むと、アグニが上がり、皮膚炎を解消する助けになります。この飲み方は、ダイエットにもおススメです。

アイスティーには、作り方による弊害もあります。アイスティーはたいていの場合、氷がジャラジャラ入った容器の中に、熱い紅茶を注ぎ入れて作ります。このように、熱いものを急激に冷やしたものは、アイスティーであれ何であれ、ヴァータがとても乱れています。

スポンサーリンク

関連記事

no image

健康的なダイエット方法を複数紹介

・赤外線サウナを利用する 毎日のように利用するのが理想的だ。赤外線サウナは新陳代謝を促し、毒素

記事を読む

no image

分離大豆たんぱくなどの危険-食品表示には記載されない

・分離大豆たん白プロテインシェイクやプロテイン 加工過程で、ガソリンに似た石油系溶剤であるヘキ

記事を読む

no image

首から耳の不可解な痛みや熱などを回復させたエキネシア

ある女性は、首と耳の不可解な痛みが始まり熱が治まらなかった。医者に行っても回復しなかった。この女性の

記事を読む

no image

筋肉損傷の治療に効果があるとされるある2つのハーブ

・大きな筋肉の損傷が六日で癒えた 彼は後退してバーべルを前に落とした。大腿に拷問をかけられるよ

記事を読む

no image

尿酸値を下げる食べ物-セロリの種の力

セロリの種が尿酸値を下げるという話がある。セロリの種の力を生み出しているものは何だろうか?オーストラ

記事を読む

no image

マイナス思考の改善方法-私は私のままで大丈夫

マイナス思考の改善方法-私は私のままで大丈夫。 世の中には、マイナス思考や固執した考え方などから離

記事を読む

no image

ピーナッツの皮の効能-OPCはフランスで最初の血管保護薬

一九七九年にドクター・マスクリエは、彼の頭脳の所産である抽出物に、ピクノジェノール類という名前をつけ

記事を読む

no image

水道水の毒素は色々な形で私たちの体内に入ってくる

シャワーを浴びると皮膚から毒素が吸収されるだけではない。多くの危険な揮発性毒素が蒸気化する。サウナや

記事を読む

no image

病気にかかる原因には4つの原因がある

病気にかかる場合もなる場合も原因は四つだ。体内毒素、栄養不足、電磁波、ストレス。この四つが原因である

記事を読む

no image

毒素排出には運動をするとよい

刺激を受けられなくて自分が出した毒性廃棄物を排池できないでいると、細胞は異常な行動を取り始める。退化

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
砂糖断ちで好転反応!短い期間で高い効果!やり方も簡単で肌きれい

砂糖断ちで好転反応があるのをご存知でしょうか。 ほっぺたにニキビ

no image
砂糖断ちで美肌貯金はできるのか

砂糖断ちで美肌貯金はできるのでしょうか。 糖分というのは、小麦製

no image
日常生活改善のポイント

ヴァータをととのえる日常生活の改善ポイントは、起床、就寝、排泄、食事。

no image
アーユルヴェーダのカパとピッタを整える方法

アーユルヴェーダでは、カパが乱れると、重く暗い気分になり、思考や行動が

no image
ヴァータの乱れの症状は様々

ヴァータの乱れが一番多い人の影響は色々あります。現在は過剰なヴァータの

→もっと見る

PAGE TOP ↑