適度な運動をコンスタントにして過ごす

公開日: : 最終更新日:2016/03/21 健康情報関連

もともと冬は、一年を通してもっともカパがたまりやすい季節です。それを悪化させてしまわないよう、「カパ食品」をあまりとらないようにし、適度な運動をコンスタントにして過ごすと、翌春の花粉症の症状がグッと軽くなることが多くあります。カパがたまると、体調が悪くなることがあります。

花粉症は、冬の間にため込んだカパが、春の暖かい太陽にあたって体内で溶けだし、それが鼻水などの形で排出されたものです。ですから、花粉症のケアで大切なのは、症状が出てからあわててカパの手当をおこなうのではなく、冬の間にカパをためないよう注意すること。

また、歯肉炎を発症するケースもあります。歯茎がキュッと締まっているのは、カパの働きによるものなのですが、カパがたまり、それが熱や暖かさというピッタの影響で溶けてくると、歯茎のゆるみや歯肉炎が起こるのです。

花粉症以外のアレルギーも、日光浴や気温上昇がキッカケで症状が表面化したり、悪化するケースがあります。「日中、陽射しを浴びて過ごしたら、夜に噛息の発作が出た」「皮膚に発惨やかゆみが出た」ということは、しばしば起こります。頭痛や腰痛になる人もいます。

余分なカパはからだにためておかず

もちろん、余分なカパはからだにためておかず、体外に排出したほうがいいのですが、病気という形ではなく、もっと自然な形で排出するべきですね。

半身浴は、冷えや肥満はもちろん、アレルギー解消にもよい、すばらし半身浴をすることで、汗としてカパを浄化することになる。半身浴をするときには、お湯の温度はぬるめに設定。バスタブにお湯を浅くはるか、バスタブの中にイスを置いて、自分のおへその上あたりまでがお湯につかるようにケアです。熱すぎるお湯はいけません。からだの表面だけピッタが上がってしまい、肌にかゆみや発疫が出ることがあります。

「汗をたくさんかくほどいい」というわけではありません。汗のかきすぎはヴァータを乱し、逆に冷えをもたらします。ダラダラと汗が流れ落ちたり、しょっぱい汗が出るのは、やりすぎのシグナルです。

スポンサーリンク

関連記事

no image

消化の良い食べ物しょうがの驚くべき力

しょうがは、ドイツでは政府当局のコミッションEによって、乗物酔いと消化不良の薬として承認されている。

記事を読む

no image

ウィルスが病気のすべての原因だと指摘するある専門家の話

自分を健康だと思っている人たちも、本当はもっと変快な気分で生きられるということをまったく知らずにいる

記事を読む

no image

わかっているけどやめられないことを今すぐやめる

正しい知識をもって、快適で健やかな生き方を少しずつとりいれながら、わたしたちの命にとってよいもの、悪

記事を読む

no image

グルコサミンって何?

アメリカの医師のなかに、変形性関節症の治療に信じがたいような好成績をあげている人がいるけれども、何百

記事を読む

no image

オージャスを増やす方法-命の活力エネルギー

免疫力はさまざまな手段で、日々、わたしたちの健康を守っています。体外から細菌などの異物が侵入してきた

記事を読む

no image

蜜蜂の巣を食べると抗アレルギー薬の治療より効果がある!?

蜜蜂の巣は、抗アレルギー薬や現行のアレルギーの治療より効果があることははっきりしていると、専門家はい

記事を読む

no image

痛風を民間治療で治せるといわれている食品の存在

セロリの種はきわめて有望なため、クイーンズランド大学と新しく設立される研究所が提携してセロリの種の抗

記事を読む

no image

サウナはフィンランドのような極寒の地では経験的に流行った

水田の水は冷たいのですぐ身体が冷えます。だから、湯治は欠かせない。湯治宿と言いましてもほんとうに粗末

記事を読む

no image

白砂糖の身体への悪影響

・白砂糖食品 白砂糖にはサトウキビを育てる段階で使用された化学物質も含まれている。甘味料として

記事を読む

no image

医者の患者に対する態度

私たちが病院で死ぬときには医者が心電図をとりますが、心電図もプラスとマイナスの電気現象です。心臓の細

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
砂糖断ちで好転反応!短い期間で高い効果!やり方も簡単で肌きれい

砂糖断ちで好転反応があるのをご存知でしょうか。 ほっぺたにニキビ

no image
砂糖断ちで美肌貯金はできるのか

砂糖断ちで美肌貯金はできるのでしょうか。 糖分というのは、小麦製

no image
日常生活改善のポイント

ヴァータをととのえる日常生活の改善ポイントは、起床、就寝、排泄、食事。

no image
アーユルヴェーダのカパとピッタを整える方法

アーユルヴェーダでは、カパが乱れると、重く暗い気分になり、思考や行動が

no image
ヴァータの乱れの症状は様々

ヴァータの乱れが一番多い人の影響は色々あります。現在は過剰なヴァータの

→もっと見る

PAGE TOP ↑