ヴァータやカパ体質などの人の食事

公開日: : 最終更新日:2015/04/04 健康情報関連

朝起きたら、まずはお白湯を一杯飲んで、お腹を温め、体をやさしく目覚めさせましょう。その後は、体質に合わせた食事をとります。基本的に、三食の食事量の理想的な比率は、消化の火=アグニの強さに合わせて1:3:2。これを守ります。朝六時〜一〇時はカパの重く鈍いエネルギーが増加しますから、あまり食欲がなくても自然なことです。どんな体質の方であっても朝は消化力が弱いものです。

また、眠いからといって食後や日中に昼寝をしたり横になることは避け、食後の散歩を習慣にしましょう。たんなる食後のだるさ、眠気といった症状だけであれば、自分にとって正しい食べものを、正しい食事法にしたがってとりながら、体にためてしまったアーマを消化していくことで、不調をスムーズに改善していくことができます。

カパ体質の方は、空腹感がなければお白湯だけでもよいでしょう。夕食の量を少なめにするのはなかなか難しいと思うかもしれませんが、体質に合った朝食をとり、きちんとお腹がすいた状態で昼食をとって充分に満足できれば、タ食は無理なく軽くすませることができます。夕食については、健康を考えるとモリモリ食べてはいけません。もし、食欲がある場合には、押し麦と緑の葉野菜でつくったスープを飲むようにするとよいでしょう。

熱くなりやすく、乾きやすい性質

ピッタ体質の方は、一般的に、熱くなりやすく、乾きやすい性質がありますので、食事で体を熱しすぎないよう気をつけましょう。朝食は必要ですが、食べすぎないことが大切です。パンの場合は焼いてギーかバター、オリーブオイルをつけて食べるとよいでしょう。空腹感がない日は冷えていないフルーツやぬるい温度のジュースでも結構ですが、食欲があればご飯を軽く一杯に汁もの、苦味や渋味のある緑の野菜のおかずを一品。生野菜も少量ならかまいません。

ヴァータ体質の方は、エネルギーを保持する力が弱いので、朝食もしっかりとります。ひまわり油など、適度に油を使うことがポイントです。生ものや冷えたものは避け、温かい具だくさんの汁ものと、主食はご飯を軽く一杯、それと温かく調理した野菜のおかずを少量とってもよいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

no image

熊胆という漢方薬など

熊の胆というのは本物の熊の胆嚢です。それを耳播きで半分ぐらい水に溶いて飲ませました。非常に苦いもので

記事を読む

no image

カバカバのすばらしい効果-レム睡眠を助ける

・深い休まる睡眠 カバ・カバKavaKavaはカバKavaともいい、カバとしているハープの本も

記事を読む

no image

ヒポクラティックサナトリウムで断食を行った効果

ある出版社社長の紹介で、ヒポクラティック・サナトリウムに行きました、とある人。実のところ、ずいぶん前

記事を読む

no image

体温が低い場合の対処法

女性には低体温症が多くみられ、平熱が三六度に届かない方もいます。体温が低いということは、同時に筋肉や

記事を読む

no image

毒素を入れない、ためない方法

毒素を排出する方法の一方で、普段から継続して体内に入れる毒素の量をなるべく減らすことが大切だ。ファス

記事を読む

no image

太陽が皮膚ガンの原因というのはウソ!?

・日焼け止めは使わない 現在では日焼け止めに含まれている成分こそが、皮膚ガンの最大の原因である

記事を読む

no image

関節の軟骨の痛みなどの治療の難しさ

一つの関節から次の関節へと進行していき、指、膝、腰と攻撃されて陰うつな悲惨な気持になっていくけれども

記事を読む

no image

心の浄化を脳がしていく方法とは

子供は、親の好き嫌いや態度をそのままマニュアルにすることもあります。たとえば、お金持ちにペコペコ頭を

記事を読む

no image

自然食品のサプリメントなど体に良いとされるものを紹介

・天然ビタミンEを摂る ビタミンEを摂ると、心臓病の予防になり、静脈癖が治り、性的能力が高まり

記事を読む

no image

心の健康とストレス-純粋な怒りはぶつけよう

心に生じた感情を抑えつけると、心ストレスをためてしまいます。心の健康とストレスは、社会問題となってい

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
砂糖断ちで好転反応!短い期間で高い効果!やり方も簡単で肌きれい

砂糖断ちで好転反応があるのをご存知でしょうか。 ほっぺたにニキビ

no image
砂糖断ちで美肌貯金はできるのか

砂糖断ちで美肌貯金はできるのでしょうか。 糖分というのは、小麦製

no image
日常生活改善のポイント

ヴァータをととのえる日常生活の改善ポイントは、起床、就寝、排泄、食事。

no image
アーユルヴェーダのカパとピッタを整える方法

アーユルヴェーダでは、カパが乱れると、重く暗い気分になり、思考や行動が

no image
ヴァータの乱れの症状は様々

ヴァータの乱れが一番多い人の影響は色々あります。現在は過剰なヴァータの

→もっと見る

PAGE TOP ↑